國際航空給油の沿革

1959年/昭和34年 國際油化(株)(三井物産全額出資の石油製品販売会社)が、大分県大分空港に大分航空給油所を開設し、初めて航空機の燃料給油業務を開始
1960年/昭和35年 長崎県大村空港に大村航空給油所を開設
1961年/昭和36年

広島県広島空港に広島航空給油所を開設

1963年/昭和38年 香川県高松空港に高松航空給油所を開設
1964年/昭和39年 東京都営ヘリポートに東京ヘリポート航空給油所を開設
1965年/昭和40年 北海道千歳空港に千歳航空給油所を開設
北海道札幌(丘珠)空港に札幌航空給油所を開設
1969年/昭和44年 福岡県北九州(小倉)空港に北九州航空給油所を開設
1971年/昭和46年 北海道函館空港に函館航空給油所を開設
1973年/昭和48年
12月1日
北海道釧路空港に釧路航空給油所を開設
國際航空給油(株)を設立(國際油化(株)全額出資)、國際油化(株)が運営している航空給油所の全業務と航空部社員全員を譲り受け航空燃料の取扱いを専業とする会社として営業を開始すると共に、各「航空給油所」を「空港給油所」に改称
1975年/昭和50年 新長崎空港開港により大村空港給油所は長崎空港に移転し長崎空港給油所に改称
1978年/昭和53年 飛行場外に於いて物資輸送ヘリコプターに対し出張給油業務を開始
1985年/昭和60年 日本航空(株)、全日本空輸(株)、東亜国内航空(株) の定期航空3社より資本参加を得る
1986年/昭和61年 鳥取県米子空港に米子空港給油所を開設
1987年/昭和62年 北海道函館空港にタンク施設を建設
1990年/平成2年 北海道中標津空港に中標津空港給油所を開設
1992年/平成4年 名古屋空港に名古屋営業所を開設
新千歳空港開設により空港タンク施設及びハイドラント管理業務を委託、千歳空港給油所は千歳空港営業所に改称
1993年/平成5年 島根県石見空港に石見空港給油所を開設
1996年/平成8年 徳島空港に於いて給油業務開始(徳島空港給油所開設)
釧路空港内にタンク施設を建設し供用を開始
2001年/平成13年 本社、千歳ISO9001認証取得
2002年/平成14年 名古屋、広島ISO9001認証取得
2004年/平成16年 沖縄県那覇空港に那覇空港営業所を開設
2005年/平成17年 中部国際空港開港により名古屋空港営業所は中部国際空港に移転し中部国際空港営業所に改称
会社組織の改編に伴い、給油所ならびに営業所名称を「事業所」に統一
2006年/平成18年 新北九州空港の開港に伴い北九州空港事業所を移設
定期航空会社の路線廃止に伴い徳島空港事業所を閉鎖

▲TOPに戻る

Copyright(c) 2014 KOKUSAI AVIATION FUELING CO., LTD. All Rights Reserved.